働きたくないでござる!!

年収300万でも、FIREめざす!!!!!

【恐ろしの事実】長期インデックス投資って、本当にもうかるの??

f:id:sunny551:20210605150633p:plain

 

 

「長期インデックス投資って、ホントに儲かるの??」

「損しない?リスクは??」

 

 長期投資を始めるまえに、ぜひ知ってもらいたい事実。

 

 

この本よみました。

 

 

 

投資信託にオカネ預けると、資産はどうなってしまうのか。

衝撃の事実です。

 

 

投資についての理解を深めるため、メモ残していきます。

これから長期投資を始める方は、ぜひ知っておいてください。

 

それでは、はじめます。

 

 

 

 

 

 

一番シンプルで一番儲かる方法は?

f:id:sunny551:20210518142207p:plain

                  (画像引用元:本書)

 

 

この図は、約200年。

当時の1ドルを株式、債権、金、現金に投資した結果。

ご覧のとおり、株式投資にオカネを入れていれば

 

1ドルが、60万ドル。

100円が6000万円に化けます。

60万倍です!!

 

 

これが、資本主義。

欲望をエンジンとして成長する社会です。

これは、今後もつづきます。

投資をしないと言うことが、おおきな『損失』と言うことがわかるデータです。

 

NYダウの株価は、30年で10倍以上。

 

ちなみ、小ネタとして。

長期的な株式投資のリターンは、1960年代半ばまでわからなかったそう。

アメリカの経済学者が株式のリターンを1962年からの40年間で調べ、年率9%のリターンだったことを論文で発表。

みんな驚いたそう。(「株めっちゃ儲かるじゃーん!!」ってな感じで。)

 

その驚きの結果に、今や多くのアメリカ人は投資をしています。

この事実を知ったアナタも、万が一投資をしていなければ始めるべきです。

投資をしないということは、人生で大きな金融的損失となります。

 

 

 

f:id:sunny551:20210518142042p:plain

                                                    (画像引用元:本書) 

 

そして、複利を使えば、もっともっとオカネ増えます。

複利とは、利子にもまた利子がつくこと。

        

「複利は人類最大の発明。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う。」

アインシュタインが残した言葉です。

 

長期で持てば、持つほど、複利の力が発揮します。

 

 

f:id:sunny551:20210518133917p:plain              (世界の株式に投資したファンドの成果)

 

結論、いちばんシンプルで一番儲かる方法。

 

ドルコスト平均法で、長期的にインデックス投資。

やっぱり、これです。

 

ご覧のとおり、短期で上げ下げはあるものの、長期で見れば右肩あがり。

平成の間で、世界経済のインデックスファンド資産は約15倍。

 

 

ちなみに、信頼できるファンドも紹介しておきます。

信託手数料が低い優良ファンドです。

 

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

ボクがメインで買ってるカワイイ投資信託ちゃんたちです。

 

 

 

 

投資で儲けられない人たちとは?

f:id:sunny551:20210518164548p:plain

                    (画像引用元:本書)


途中で辞めていく人。

 

著者がネット証券にお願いして、積立投資家の”平均積み立て期間”を調べた結果。

継続期間は、約2年~4年の間だったそう。

ほとんどの人が、数年で積立投資をやめてしまっているそうです。

 

 

マイナスになって辞める人。暴落が怖くてやめる人。

利益が出たから、やめちゃう人。

 

途中でやめちゃうと、たとえプラスで退場してもトータルで見れば大きな損失です。

 

 

 

長期投資を辞めないためには

f:id:sunny551:20210518144242p:plain


 投資への理解を深めること。

『バブル、暴落について知る。』ということが大事。

 

今コロナ化で、世界がたくさんオカネ刷っています。

余裕がある人たちは、そのオカネを金融資産にあてています。

また企業も、設備投資のような実物投資に向かうのではなく、金融資産や不動産への投資に向かっています。

 

なので、近年バブルが発生しやすくなっている。と言われています。

 

そして、バブルの暴落は必ずくると本書は説きます。

 

 

f:id:sunny551:20210518154005p:plain

 

チューリップバブル、アメリカ大恐慌、オイルショック、湾岸戦争、イラク戦争、9.11、ITバブル崩壊、リーマンショック、コロナショック。

すべてある日とつぜん、暴落が始まるのです。

 

 

f:id:sunny551:20210518133438p:plain
 

 

バブル、暴落に対処する方法。

結論は、暴落がきても辞めずにインデックス投資をコツコツと続けるということ。

 

 

■長期インデックス投資のメリット

①資産が分散されている

②積立

 

 

暴落しているときは、逆に安い値段で多くの口数を買えます。

購入単価を下げることができます。

 

長期投資は、いくつものバブルを乗り越えるからこそ、最終的に大きなリターンを得ることができるのです。

 

暴落きてもビビんないでください。

逆に大きく資産が増えるチャンスなのです。

 

 

アメリカの経済が強い理由

 

f:id:sunny551:20210518151009p:plain

 

S&P500は世界最強の株価指数です。

ボクの資産の多くも、アメリカで占めています。

 

『投資はリスクがある』と考えるのが日本人。

しかし、アメリカ人は『投資しないのがリスク』と考える。

 

日本の家計金融資産は1800兆円以上。その50%は現預金。投資の割合は、わずか15%。

反対に、アメリカは現預金は13%程度。投資への割合が、48%。

真逆です。

 

日本人は、未だ多くの人が『投資はギャンブル』と誤った認識を持っています。

アメリカ人は、当分生活に必要なオカネ以外は、企業や将来に向けてmoneyを投じます。

 

この結果が、強いアメリカ。

ボクが日本株じゃなく、アメリカに投資する理由。

 

世界基軸通貨がドル。

世界共通言語が、英語。

投資大国。

これが続く限り、今後もアメリカを中心に買っていきます。

 

    

 

 

『株式投資』とトレード。ギャンブルについて。

f:id:sunny551:20210518133234p:plain

 

【この3つの違い】を求められたら、答えられますか??

ぼくは、わかっていたようでわかっていませんでした。

よって、自分用にメモのこしておきます。

 

 

まず『株式投資』とは?

起業したい人が、お金を集めるため株式会社を作る。

起業家はオカネを出してもらいましたよという証拠に株式を発行する。

 

その株式を持っている人が『株主』。

 

起業家は集めたオカネを使って設備を買い、社員を雇って、事業を始める。

出た利益の中から、起業家は役員報酬、社員は給料を受け取る。

株主は出資比率に応じて、配当を受け取ったり、株価の値上がり益を得る。

 

これが株式投資。

われわれ株主は、出資比率に応じて経営に参加できたり、利益の配分を受けられます。

 

 

f:id:sunny551:20210518151920p:plain


一方、トレードとは目先の株価の価格差に注目して売買する。

 

株価は企業業績や金融市場の動き、そして政治などさまざまな要因で変動します。

トレードで利益を上げている人の多くは、市場参加者の心理を予想したり、株価のチャートを分析して売り買いのタイミングを計っています。

 

 

 

 

f:id:sunny551:20210518151950p:plain

 

ギャンブルは、掛け金を集めて経費や税金を差し引いて、【当選者】に分配するゲーム。

本質は娯楽であり、利用者は娯楽サービスのため掛け金を支払う。

元締めが得をします。

誰かが損をするゼロサムゲームです。

 

ちなみに、宝くじは50%。

競馬は25%が胴元が持っていきます。

 

 

f:id:sunny551:20210518152025p:plain

 

 

ギャンブルやトレードは、ゼロサムゲームで誰かが損をします。

つまりやるべきことは、投資。

 

投資の目的は、企業の成長を株主の立場で応援し、その果実を自分も得ること。

企業が成長するには、新しい事業や商品を生み出していく必要があるため少なくとも数年単位の時間がかかります。

 

よって、トレードとギャンブルは自分はやらない(つもり)。

 

実行するのは、投資となります。

投資は世界経済が発展を続ける限り、投資をしている人は全員が儲けられるのです。

 

  

 

 

まとめ

 

 

『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』。

 

おかげで長期投資への理解を深めれました。

内容も、小説仕立てで、めっちゃ読みやすかったです。

 

 

長期投資継続への心得ができました。

 

『  短期では、変動する。

そして、必ず何年かに一度はバブルが膨らみ、はじける。

資産は倍になる時もあれば、半分になることも考えられる。

それでも、気にせずコツコツ投資。

気づいたころには、大きなリンゴの木に育っている。 』

 

 

バブルや暴落に振り回されないで、毎月タンタンと投資を続けていきます。

ありがとうございました。

 

 

ということで、今回は以上です。

このブログは、セミリタイア関連の情報を発信しています。

 

 

 

セミリタイアをめざしています。

応援のクリックおねがいします😊

継続のモチベとなります。

 ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 


セミリタイアランキング

 

 

ありがとうございます😊