働きたくないでござる!!

年収300万でも、FIREめざす!!!!!

相場サイクルに任せて、資産を増やす方法。

f:id:sunny551:20210617084539p:plain

 

さきほどのFOMCで『テーパリングの開始について議論』を始めることを議論していると発表されました。

 

「どういうことなの??」

「これから株は上がるの?下がるの??」

 

 

 

今回はこちらから勉強させてもらってます。

 

 

 

自分の資産を守る。増やす。

その為には『相場のサイクル』を学ぶ必要があります。

 

 

絶対に知っておかなきゃいけないコトです。

それでは、まとめていきます。

 

 

 

 

 

 

相場は4つのサイクルがある

 

f:id:sunny551:20210617085913j:plain

(画像引用元:本書)

 

 

相場には、【4つのサイクル】があります。

投資するうえで必ず覚えておかなきゃいけないこと。

知らないと、今後の資産形成に大きな差が出ます。

 

 

・金融相場

不況の雰囲気に包まれると、この状況を打破するため【金融緩和】をします。

 

金融緩和すると、お金がジャブジャブ世の中に流れます。

行き場を失ったお金は株式へ向かいます。

なので、だまってても株価が上がるステージです。

  

 

・業績相場

金融緩和によって、企業の業績が回復します。

好業績の株が買われるのが『業績相場』です。

 

 

・逆金融相場

加熱した景気(株式相場)を抑えるため【金融引き締め】を行う。

投資家の資金が株式から預金や債券に流れます。

なので、市場全体が下落していくのが一般的。

 

 

・逆業績相場

『金融引き締め』により金利が上がり、業績が悪化する会社は増えてきます。

リストラに取り組む業者が増え、不況感が漂いはじめます。

そうすると、また金融緩和を行うのです。

 

 

 

 

このように、4つのサイクルをグルグル回っています。

これがわかれば、ポジションの取り方がわかってきます。

 

 

 

 

次は、逆金融相場!?

 

f:id:sunny551:20210617093935p:plain 

 

 

好況と不況は、日銀やらFRBにコントロールされてます。

 

ということで、コロナ禍の株高。

加熱した相場に、量的緩和の縮小(テーパリング)がそろそろ来ると予想されてます。

  

 

相場のサイクルがわかれば、事前に準備が可能です。

金融引き締めすると、市場全体が下落していくのが一般的です。

 

 

短期に関しては、売りポジションの準備。

暴落がきたら波にのって稼ぐ準備をしておく。

 

 

長期投資に関しては、ポートフォリオのローテーションを検討。

株式、現金、債権、コモディティの割合を変えて下落に備えること。

下落時は、逆に資産を安く買えるチャンスです。

 

 

投資サイクルの波にうまく乗る。

こうやって、資産家は資産を増やしていってるのですね。

勉強なりました。

 

 

 

 

まとめ

f:id:sunny551:20210612124952j:plain

 

相場には4つのサイクルがある。

 

金融相場。逆金融相場。

業績相場。逆業績相場。

 

 

金融相場は、株式が上昇。

業績相場では、株式が上昇。

逆金融相場では、株式が下落。

逆業績相場は、株式が下落。

 

 

それに沿って、適切なポジションに資金を移動しておく。

 

 

以上。

覚えておくべき【4つの投資サイクル】です。

 

 

 

とはいえ、ボクの投資スタイルは【S&P500】を愚直な積み立て。

長期は何も考えず、何もいじらず淡々と買っていくことを実行していきます。

手数料や税金かかるしね。

 

 

 

 

今回は以上です。

がんばってセミリタイアめざしています。

 

応援のクリックおねがいします😊

継続のモチベとなります。

 ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 


セミリタイアランキング

 

 

ありがとうございます😊